虫歯とは

未分類
スポンサーリンク

虫歯とは

虫歯は、口腔の二大疾患のひとつで、虫歯菌に感染することで発症する細菌感染症です。ミュータンス菌などに代表される虫歯菌が歯面で増殖し、繁殖した細菌が糖質から酸をつくることにより歯を溶かしてしまう病気です。
甘いものを食べすぎると虫歯になると言われるのはこのためです。

他の人に比べて虫歯になりやすい人、なりにくい人も存在します。
その違いは、歯並びであったり、歯の質(エナメル質や象牙質など)であったりと個人差がでてきます。

進行度に応じて症状が異なり、必要となる治療法も変わってきます。
進行度は大きく5段階に分けられます。

初期の虫歯(C0)

発生してまだ間もない「初期う蝕」と呼ばれる虫歯です。痛みや違和感などの症状はありません。歯の表面が脱灰している状態で、白く濁って見えるのが特徴です。歯は溶かされておらず、滑沢な表面形状を呈しています。

エナメル質の虫歯(C1)

エナメル質が溶け出し、歯に穴が空きます。
痛みを感じることはありませんが、歯の黒ずみが目立つようになります。

象牙質の虫歯(C2)

虫歯菌がエナメル質を溶かし、象牙質にまで達した虫歯です。歯の神経が近くなるため、痛みを感じることがあります。また、食事の際に甘いものや冷たいものがしみるようになります。

神経にまで達した虫歯(C3)

虫歯菌がエナメル質と象牙質を溶かし、神経にまで到達すると、強い痛みを伴うようになります。

神経が死んでしまった虫歯(C4)

歯の頭の部分である「歯冠(しかん)」は、そのほとんどが溶けてなくなっています。歯の根っこだけ残っているので、「残根状態」と呼ぶこともあります。歯の神経も死んでいるため、痛みを感じることはありません。ただし、虫歯菌が歯根の先から漏れ出て、さらなる感染を引き起こすと、歯肉の中に膿がたまり、激しい痛みを伴うことがあります。

タイトルとURLをコピーしました